オートライフのロゴイメージ
四葉のクローバーの画像
ヘッダー画像
HOME >> クルマにかかわる困り事解決 >> ブレーキからの異音や振動

ブレーキの種類、ブレーキからの異音や振動の原因をご説明しております。

 自動車はとても早いスピードで走る便利な乗り物です。安全に走るということはもちろん、逆に安全に止まるということもとても重要視されています。ここでは自動車を減速させたり、停止させたりする大事なブレーキ装置から異音が聞こえたり、振動が感じられたりした時の原因と危険性をご説明しております。
運転中、ブレーキをかけた時に異音や振動を感じるという方は是非参考にして頂き事故に至る前に適切な対処を行ってください。
ディスクブレーキとドラムブレーキの画像
【自動車の主なブレーキの種類】
 自動車に使われる一般的なブレーキにはフットブレーキとサイドブレーキがあります。他にもエアーブレーキ、排気ブレーキ、エンジンブレーキといったものも耳にしますが、ここではフットブレーキで使用されるブレーキ装置『ディスクブレーキ』(写真左)と『ドラムブレーキ』(写真右)にかかわる異音や振動についてご説明いたしております。
 この2種類のブレーキですが、スポーツタイプの車の場合は前後輪ともにディスクブレーキが使用されていることが多く、軽自動車や一般車は前輪にディスクブレーキ、後輪にドラムブレーキが使用されているケースが多くみられ、一見すると同じ部品のように思えますが、構造やメンテナンス方法が異なりますので、先ずはご自身のお車にどちらのブレーキが装備されているかをよく把握しておくことが大事です。

【ブレーキで車が止まる仕組み】

 自動車のブレーキは回転する車輪をゴムのような特殊素材で挟んで回転速度を減少させる自転車のブレーキと同じ原理です。
しかし自転車よりも速度の速い自動車のブレーキは自転車のブレーキよりも強い力を必要とします。
ディスクブレーキはタイヤと一緒に回転するローターと呼ばれる円盤状の部品をブレーキパッドと呼ばれる特殊素材のパーツで表裏から挟んでタイヤの回転を止める働きをしています。特徴としましては放熱性、汚れや水が付着し難い、安定した制動が得られるという点です。
ドラムブレーキはタイヤと一緒に回転するドラムと呼ばれるパーツをブレーキシュー(ブレーキライニングともいいます)を内側から外側に向かって押し当てながらタイヤの回転を止めます。ディスクブレーキに比べて放熱性が悪いという点があります。
ブレーキパッドもブレーキシューもどちらも消耗品のため、摩耗が進んだ場合は交換が必要となります。
※注意・・・ドラムブレーキは整備士資格を持つ者以外の分解は禁止されていますのでご注意ください。

【ブレーキ付近から異音や振動が発生する理由】

 皆さんの中にもフットブレーキをかける(通常のブレーキ操作)と車体の下側から「キィ~」という音が聞こえてきたという経験をお持ちの方がいらっしゃると思いますが、この音はブレーキパッドやブレーキシューがディスクやドラムと摩擦する時に発している可能性が高いと思われます。この音のことを「ブレーキの鳴き」などといいますが、この鳴きの理由は温度や湿度の変化の他、ブレーキパッドやブレーキシューの消耗によっても発することがあります。
 ブレーキパッド、ブレーキシューは消耗品のため、ある一定の残量(厚さ)になると「キィ~ キィ~」という音を発します。平坦な場所では異音が出ない場合でも坂道などで車体が傾いた時に発することもあり、他にも減り具合が偏ってしまった場合も同じような異音を発します。特殊な例としましてはディスクブレーキのブレーキパッドを新品に交換した場合にも同じような異音を発することがありますが、この場合は予めパッドの角を少し削っておく(面取りという)ことで「当り」が良くなり、異音を防ぐことができます。
 次に赤信号などで車体が止まる寸前に小さな振動を伴いながら「ゴゴォ~」という金属音がした場合ですが、これはブレーキパッド、ブレーキシューの残量が一定値を下回った時に発する警告音(ウエアインジケーターによる警告音)ですので早めに交換することをお奨めいたします。  

このように、ブレーキ回りからの異音にはいくつかの原因がありますので、音の頻度が高まった場合は1度修理工場で点検を受けた方が良いと思います。新品に交換したばかりでもブレーキパッドとディスクの間に遺物が挟まり異音を発する場合も考えられますので、同じく点検を受けることをお奨めいたします。
※注意・・・金属音や振動の発生を放置するとディスクローターなどのブレーキ装置の部品を傷めてしまい、部品代や工賃が高額になってしまいますので、そうなる前に交換を行ってください。

【自動車のブレーキが働く仕組み】

 ここまではブレーキの種類と異音の発生について説明しましたが、ブレーキが働く仕組みを簡単に説明したいと思います。
ディスクブレーキもドラムブレーキもタイヤの回転力を摩擦という抵抗で弱める構造になっていますが、これはあくまでも機械としての機能です。
走っている車をブレーキによって減速、または停止させるにはドライバーがブレーキペダルを踏まなければブレーキは作動しません。
 そして、ディスクブレーキを装備する車の場合はドライバーのブレーキペダルの踏む力(踏力/とうりょく)を増幅させるためのマスターバックという機械が備えられており、人間の踏力を大きくしてブレーキを作動させる仕組みになっています。大概の自家用車のブレーキは油圧式になっているためマスターバックにはブレーキオイル(ブレーキフルード)のタンクが取り付けられていますので、定期的にオイルの量が適正値であるか否かをチェックする必要があります。ブレーキオイルは極端に減るものではありませんので、残量が減っている場合はオイルラインのどこかでオイル漏れが発生しているか、ブレーキパッドが摩耗している可能性があります。また、ブレーキペダルを踏んだ時に風船を踏んた時のようなフワフワ感があったり、抵抗なく床の方まで踏めてしまう場合は重大な故障ですので、車を動かさずに修理工場やロードサービスに連絡してください。
エンジンルームのオイルタンクの画像
【ブレーキからの異音や振動のまとめ】
ブレーキからの「キィー」という音の原因は気候によるものもあれば、ブレーキ機能の異常を知らせるものもあります。ブレーキオイルの残量はブレーキ部品の異常を察知するための重要な部分ですので、クルマの下の地面のオイル漏れ跡の有無、エンジンルーム内のチェックを忘れずに行ってください。
 そして「ブレーキペダルを踏めば車は止まるもの」という安易な考えは避け、運転中は常に異常を察知するくらいの構えが良いと思います。自動車の管理は所有者の責任で行うということが基本ですので、万が一整備不良が原因で事故が発生した際は使用者、社用車の場合はその会社の責任となります。そのため始動点検をしっかり行い、車検や修理を行う際は信頼のおける修理工場を選ぶことをお奨めいたします。
※・・・このページの記事は極く一般的なケースを基に作成しておりますので該当しない方、また個人差もあります。
予めご了承の程、お願いいたします。
オゾン消臭機剛腕の画像
【オゾン脱臭機『剛 腕』による車内消臭と消毒のお奨め】

車酔いによる悪心(おしん)や嘔吐感を増幅させる原因のひとつに車内の臭いというものがあります。おおかたの人間はクルマに揺られると平衡感覚が乱れます。しかし気分が悪くなったり、嘔吐感を感じたりすること、即ち臭いが車物酔いに至るには個人差があります。元々車酔いしやすい人が車内で嫌いな臭いを感じることで身体の防御機能が働いて吐き気となって現れるということもあるようです。例えばそれが以前に車酔いした時の臭いと同種であれば、症状はてき面に現れると思います。

『車内の嫌な臭いもクルマの不調のひとつ』という観点から、オートライフでは『オゾン脱臭機 剛腕』による車内の消臭、消毒をお奨めしております。
剛腕は元来ホテルの客室の消臭、消毒のために開発された脱臭機です。オゾンを発生させる利点は、除菌、脱臭という特性を持ち、無害で残留性がないということです。
愛車の車内の臭いが気になる方、特に福祉車輌をお使いの方には大変ご好評を頂いております。
車検や修理のついでに是非車内のリフレッシュをお考えください。

修理画像、PRバナー

愛車の点検・修理・車検・板金塗装、各種自動車保険はオートライフにお任せください。

軽自動車、普通車、小型トラック、福祉車両の点検、修理、車検、不具合いや事故による破損、レッカーサービス、各種自動車保険の取り扱いなど、専門スタッフが丁寧にわかりやすく対応いたします。お気軽にお問合わせください。
058-371-8288
稀に接客対応が重なる場合がございますので、念のため事前のご連絡をお願いしております。
【営業時間】9:00~18:00 【お休み】日曜日、夏季、年末年始
メールフォームへのバナー
お気軽にお問合わせください。